精神医療 斎藤環

 


心理臨床 児島達美

KPCL(Kojima Psycho-Consultation Laboratory)所長
 1950年 長崎生まれ、福岡育ち。臨床心理士。上智大学大学院修了。
 前長崎純心大学教授。主に心身医療と産業メンタルヘルス領域にて家族療法をモデルにした臨床活動を展開。家族療法の初期研修は、主として鈴木浩二先生の元で受け、その後、システムズアプローチやブリーフセラピーさらにナラティヴアプローチを学ぶ。
 グループによるリフレクティング・プロセスを取り入れた公開スーパーヴィジョン及びコンサルテーション方式を通じて、家族療法的なモデルの発想による臨床実践の普及を図っている。
 主な著書は「可能性としての心理療法」、監訳書として「構成主義的心理療法ハンドブック」など  

福祉領域 福山和女  

 日本家族研究・家族療法学会顧問

 ルーテル学院大学名誉教授、同大学院付属臨床コンサルテーションセンター長、日本福祉大学スーパービジョンセンター顧問)

 同志社大学卒。同大学大学院修士課程修了。カリフォルニア大学バークレイ校公衆衛生学修士(MPH)。アメリカカトリック大学大学院博士課程修了。社会福祉学博士(DSW)。 スーパービジョン、コンサルテーションのトレーニングプログラムを実施、またソーシャルワークおよび家族支援コンサルテーションを開講、児童、高齢、医療、教育などの施設・機関でのスーパーバイザー。
 著書等、「 介護・福祉の支援人材養成開発論: 尊厳・自律・リーダーシップの原則」「 統合的短期型ソーシャルワーク」「 家族療法のスーパーヴィジョン-統合的モデル」「 保健医療ソーシャルワーク実践シリーズ」「 ソーシャルワークのスーパービジョン第8版」、「 家族評価」など多数

教育現場 田村毅  

 田村毅研究室 

 1957年東京生まれ。精神科医。筑波大学・同大学院修了。医学博士。東京学芸大学教授を経て、東京都港区で開業している。専門は不登校・ひきこもりなどの思春期・青年期の問題に対する家族療法、夫婦葛藤の夫婦療法、男性のメンタルヘルスなど。

ロンドン大学、タヴィストック・クリニックで家族療法を学ぶ。構造派、ミラノ派、ナラティヴ、社会構成主義に精通し、文化・ジェンダーの影響を重視する。家族療法・個人療法のセラピーと共に、精神科医・臨床心理士・看護師・教師・ソーシャルワーカーなどを対象にした個人およびグループ・スーパーヴィジョンを定期的に行っている。

 学会国際交流委員長。American Family Therapy Academy、Asian Academy of Family Therapyなどの会員。英語でのセラピーも可能。

 著書は「ひきこもり脱出支援マニュアル」、「インターネット・セラピーへの招待:心理療法の新しい世界」など他多数。 

 養護教諭を対象にしたスーパービジョンの効果研究で論文掲載(2017)

司会:後藤雅博 

 南浜病院

 

 

 

 

司会 石井千賀子

 石井家族療法研究室 TELLカウンセリング 

 1993年に米国バトラー大学大学院修士課程(夫婦家族療法専攻)を修了。

 米国家族療法学会(AAMFT)および日本家族研究・家族療法学会(JAFT)認定のスーパーヴァイザー、悲嘆と死別体験の国際学会(iwgddb)の理事、災害グリーフサポート(JDGS) プロジェクトの世話人を務める。 
 臨床はTELLカウンセリングにおいて、日本語および英語で、親子関係、夫婦関係、多文化体験、死別体験、あいまいな喪失などのセラピーを担当する。

 監訳「家族療法のスーパーヴィジョン:統合的モデル」「あいまいな喪失とトラウマからの回復:家族とコミュニティのレジリエンス」、共著「ミドルエイジの問題:家族療法の視点から」他。国際資格を持つスーパーヴァイザーである。

 

 

トップへ